FC2ブログ
≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
梅にいさんの近況報告-その6
2006年05月07日 (日) | 編集 |
DSC03209.jpg

腎不全で口内炎の梅にいさんはまた痩せてしまいました。
口内炎がかなり痛むらしく餌を食べない日もあります。
ステロイドを与えるのを我慢していましたが
食べないとこによって肝臓も悪くなると聞いてステロイドを与えました。

辛そうな梅にいさんを見ているのも限界。
梅にいさんも痛みを我慢するのも体力ももう限界です。
痛みから解放されて気分よく食べてられればもうそれで十分です。


週3回の皮下点滴も30回を越え押さえてくれる人がいなくても
一人でできるまでになりました。
梅にいさんがおとなしいので立膝にして点滴をしています。
もう新人ナースではありませんから~
梅にいさんがこんな状態でなければ猫の一時預かりぐらい引き受けられるのに・・・

-----------------------------------------------------------------
ゴールデンウィーク最後の5/7(日)子猫が5匹この公園に捨てられました。
ホームレスさんから連絡を受けた代表の方が預かっていますが
現在14匹自分で食べられないほどの子猫を預かっているそうです。
どなたか一時預かりを引き受けてはいただけませんか。
全国からカンパが寄せられていますがまだ3~40匹の不妊をしなければならず
まだまだ支援が必要な状況です。合わせてお願いします。
「犬猫救済の輪」 郵便振替 00240-3-17767


以前ブログで取り上げた川崎の行き場のない100匹以上の犬猫たちのその後です。
公園に捨てられた犬猫を自分の食べ物をけずっても育ててきたホームレスの人たち・・・
富士見公園犬猫経過です。

「犬猫救済の輪」の代表の結さんが保健所に相談したところ
一匹につき千円で引き取ると言われたそうです。
いったい何を考えているのでしょうか?
『ホームレスが飼い猫だと言えば飼い主の責任。
飼われていない猫は、結さんたちのように餌をやっている人の責任です。
結さんのように頑張っている団体が引き取るなりして下さい。』と言ったそうです。
援助金を出すとか里親を探すことなど少しも考えずただ処分することしか考えていない
市の担当者に憤りを感じます。
こんなことを言う人が動物愛護センターの所長になったかと思うとこの先が不安です。
政令指定都市である川崎の犬猫の扱いはこんなものなのです・・・

本来行政がやらねばならないことを結さんが一人で行っている為
とても抗議や署名集めまではできません。
私も260名の署名を集めてお送りしました。
会では署名、要望書を募っています。
直接市長に直訴という形での抗議・意見も募っていらっしゃいます。
多くの方の意見が行政をも動かす力になります。
MLで意見が送信できますのでご協力をお願いします。

お友達のブログで見かけたこの言葉が私の心から離れません。
11422665651qz1.jpg

---------------------------------------------------------------

2006/05/07 08:46 | 梅にいさん | Comment (27) Trackback (1) | Top▲