≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
梅にいさんは昨夜虹の橋を渡りました。
2006年11月26日 (日) | 編集 |


具合が悪くなってから、鳴きもせず横たわったままの梅にいさんでしたが
昨日の夜はケージをのぞくと2回だけ私の顔を見て、なにか言いたげに鳴きました。
11月25日23時過ぎ、ベットに入る前にもう一度梅にいさんの様子を見ようと
ケージのカバーをはずして撫でてあげていたら
口をパクパクさせ呼吸も乱れ、酸素吸入のため病院に連れて行こうと
慌てて受話器を持ちました。
その後1分ほどでしょうか?痙攣を起こした後
梅にいさんは静かに息を引き取りました。


61126-2.jpg

2月からはじめた自宅での点滴も昨日の朝が最後となり
これで腎不全からも口内炎の痛みからも真菌からも
すべてからようやく開放されて、やっと虹の橋を渡るお許しがいただけたのですね。


61126-3.jpg

昨日は土曜日でしたが、朝から仕事で帰宅したのも19時過ぎてしまいました。
それまで私を待っていてくれた梅にいさんは
やっぱり最後まで親孝行で聞き分けの良い子でした。
今はとても辛いですが、多分天国では失ったアンヨも元通りになって
4本の足で地面を踏みしめて、なんの痛みもない体で
仲間と楽しく遊ぶのだろうと思うことにしています。
裏ちゃんとも久しぶりに再会できたかな?

今日は幸にも仕事が休みなので、実家の庭の片隅の
21歳で天国にいったナンちゃんの横に梅さんを埋葬します。
皆さんには長いこと励ましの言葉をいただいて、
頑張ってこられたように思います。心より感謝します。

---------------------------------------------------------------

2006/11/26 07:55 | 梅にいさん | Comment (80) Trackback (0) | Top▲
保護猫:セナはとてもよい子です。
2006年11月25日 (土) | 編集 |


11月12日に保護部屋にやってきたセナは
ケージから出すと棚の下に潜り込んで、なかなか出てこない臆病な猫でしたが
思ったより早く触らせるようになり、今では抱っこさせて爪をきらせたり
薬まで飲ませることができるほどになりました!
やってきた当初は耳を伏せて、明らかに怯えた様子でしたが
日に日に可愛い猫に変身しています。
早く里親さんを探さなくては!!!


【追記】
梅にいさんの頑張りもとうとう限界に達したのでしょう
ケージの中で横たわったまま動かなくなってしまいました。
a/d缶をほんのわずか口に入れても、激しく何度も嘔吐するのが
見ていてあまりに辛そうなので、今日は何も与えていません。
肉球も冷たくなってきました。
---------------------------------------------------------------

2006/11/25 15:16 | TNR活動 | Comment (19) Trackback (0) | Top▲
裏猫:後悔・ごめんね,裏ちゃん
2006年11月22日 (水) | 編集 |



3年ほど前店の裏にやってきて、そのまま居ついた最初の猫が茶トラの裏ちゃんです。
一番の古株なのですが、実は3年もお世話しているにもかかわらず
全く触らせない猫で、虚勢するのも捕獲器を使用したほどですから。

その3年間で4回ほどトイレに篭城していた裏ちゃんを目撃したので
病院に連れて行けない裏ちゃんのために、薬をいただいて
猫缶に混ぜて与えて、なんとか今まではしのいできたのです。

しかし11月6日あたりから又してもトイレに座っている時間が
あまりにも長いため、抗生剤を猫缶に混ぜましたが
匂いで分かるのか、一度も口にしなかったのです。
その後尿閉の状態だったのでしょう、痛がっているのが分かったので
何とか病院に連れて行ってあげたいと、捕まえようとしましたが
11月10日に捕獲に失敗して以来、そろそろ2週間・・・
店裏猫「裏ちゃん」はとうとう姿を現さなくなってしまいました。

尿閉は恐ろしい病気で、ストラバイト結石によって閉鎖された尿道のために
膀胱に尿が排泄されず貯まって、尿毒症で動けなくなるか
尿が貯まった膀胱が体内で破裂してあっという間に死にいたるそうです。
ナヌーも同じ病気になったので、どんなに苦しかったか
あの時なんとしても捕獲するべきだったと
未だに後悔しています。裏ちゃん、本当に力不足でごめんなさい。

最後まで撫でさせることも許してくれなかった裏ちゃん。
ママさんのことを恨まずに、安らかに眠ってください。

【追記】
梅にいさんの様子がまた悪くなり、昨日11/21病院にいってきました。
急変するかもしれない状態らしいので、できればずっと一緒にいてあげたいのですが
悲しいかな、自宅のケージに入れて仕事に出かけるしかありません。

-----------------------------------------------------------
【里親さんを探しています】
s-225-1.jpg



---------------------------------------------------------------

2006/11/22 21:09 | 店裏猫 | Comment (26) Trackback (0) | Top▲
梅にいさんの近況報告-その25
2006年11月18日 (土) | 編集 |
腎不全の悪化もさることながら、同時期には風邪を引いたことが
梅にいさんが生死をさまよう原因だったように思います。
朝起きて、リビングに置いたケージにかけてあるカバーを取った時
梅さんが生きていることに喜びを感じた日が、何日もありましたから~

61117-5.jpg

最近昼間はケージに入れて仕事に出ますが、私が帰宅すると
ケージをガジガジして「出してくれ~」と催促します。

61117-6.jpg

11月15日には真菌症が再々々発してしまい背中の一部が脱毛してしまいました。
ステロイド注射を打つことによって、抵抗力の低下で真菌になることが多いそうですが
あまりにも次から次へで、さすがにめげました。

そして昨日11月17日あたりから、ステロイド注射が切れてきたのでしょうか
口内炎が痛み出したようなのです・・・
それでなくとも食欲が回復していないし、痛みからは解放してあげたいので
今から病院に行って注射を打っていただきます。



リビングで私のお気に入りのCDに耳を傾ける梅にいさんです。



---------------------------------------------------------------

2006/11/18 12:54 | 梅にいさん | Comment (40) Trackback (0) | Top▲
猫の保護部屋は満員御礼
2006年11月14日 (火) | 編集 |
hogo-1.jpg

猫友からある場所で、猫の虐待があると相談を受けていました。
この猫たちの親は毒殺されたり、虐待死したとの事情を知り
手一杯な状況でしたが、友人が保護した5匹のうちの2匹を預かることにしました。
黒ちゃんとグレちゃんはジジ&ロロと名づけました。

hogo-2.jpg

黒猫ジジちゃんに寄り添っているアメショーは10月3日2回目の捕獲で
捕獲器に入った猫です。

以下は10月6日のブログの記事です。
そして捕獲器に入った3匹目の猫ですが・・・
実は20日ほど前の9月10日ごろだったでしょうか。
紐のようなものでぐるぐる巻きにされた、アメショーのような子猫を
餌やりの友人が見つけました。
何日かすると自力で紐を切ったのか、ある程度歩けるようでしたが
歩き方がおかしいし、足が壊死したら大変なので
何度も紐を取ってあげようと捕まえようとしましたが
恐ろしい経験をしたのでしょう。近づいてこないのでした。
そして最終手段、捕獲器で保護することになりました。

当夜は捕獲器の中でかなり暴れていたので、落ち着かせるために暗所に置き
翌朝、その猫の傷の状態を見て目を覆いました。
工事現場で使用するような水糸が、前足から首にきつく巻かれ
皮膚に食い込んで、肉が見えているのでした。
なんてひどいことを・・・


その後この猫は食い込んだ糸を取って、皮膚を縫い合わせる手術を受け
1ヶ月ほど病院で預かっていただき
11月12日に猫の保護部屋のやってきました。
心に傷がありメンテナンスが必要な猫ですので
里親探しをするまで時間がかかりますが、この猫こそ幸せになって欲しいので
毎日抱っこして、早く傷が癒えるようにお世話しています。
アメリカンショートヘアのマッカレルタビーでは??と思われるこの猫は
友人がセナと名づけました。



保護部屋はサワン・ペコ・ジジ・ロロ・セナの5匹で満員御礼状態ですが
ペコちゃんの里親募集のポスターを見て、ペコを見に来た方が
な~んと!ロシアンブルーのようなロロちゃんを気に入って
ペコではなくグレーの猫ロロちゃんが、里親さんのお宅にいきました。
というわけで、猫の保護部屋は目下4匹なのですが・・・

ご心配をおかけしております梅にいさんですが、
ケージから出してと、ケージをガリガリするほどにまで元気になってきました。
病院の先生方も梅にいさんの頑張りに驚いていますが
私は嬉しいばかりで、一緒に寝んねしたいというので
ケージから出してあげて、私のベットで寝んねさせてあげました~
なんとかやっていますが・・・
こんなわけで、ますますてんてこ舞いの日々で失礼を重ねております。

-----------------------------------------------------------
【里親さんを探しています】

s-225-1.jpgs-225-2.jpg
10/3に捕獲した2歳くらい?のオス猫です。
飼い猫だったので懐いています。
夏には耳がひどい皮膚病で2度ほど薬を飲ませました。
先日の虚勢手術の際、診察していただいた結果
蚊のアレルギーによるものだと聞いて
この子にノラの生活は無理だと思い保護しています。
名前はサワン。タイ語で天国という意味です。
今度こそ天国にいるような幸せを掴んで欲しいとの願いでつけました。
エイズ・白血病陰性。ワクチン接種済み。


---------------------------------------------------------------

2006/11/14 21:30 | TNR活動 | Comment (22) Trackback (0) | Top▲
11/6 5回目のトラップ(捕獲)
2006年11月11日 (土) | 編集 |
梅にいさんさんが腎不全の悪化と風邪で体調を崩していたため
どうしようか・・・とかなり悩んでいましたが
いまTNRを手がけている場所に、どうしても気になる猫が1匹残っていました。
少しは触らせるのですが、抱かせるほどでない猫で
オスだからこのまま放置しておこうか?とも考えていました。
でも写真でお分かりのように、長毛できれいな猫なので
(お父さんは11/6の写真の歯肉炎猫でしょうね~そっくり!)
保護し、里親探しをしてあげたいと捕獲を決行したわけです。
peco-1.jpg

翌日病院で虚勢手術のために猫を連れて行き
夕方お迎えの手はずになっていたのに、病院から電話が!
な~んと!!9月から何度か見ていたこの猫ちゃんはメスだったのです
よかった~簡単に捕獲できそうだし、オスだとばかり思っていて
捕獲が一番最後になったのですが、メスだったとは

peco-2.jpg

2泊3日の手術を終えて9日に退院し、店の保護部屋にいます。
名前pecoちゃん生後6ヶ月くらいでしょうか。
サワンとは同じ地域猫だったpecoちゃんは
久々の再開をとても喜んでスリスリ甘えています。
また里親探しをする猫が1匹ふえました~~

su.jpg

その上、裏猫茶トラの裏ちゃんが尿閉のようで、トイレで篭城していましたが
昨日あたりから痛むようなのです。
何年もお世話しているのに、全く触らせない凶暴な猫で
なんとか病院に連れて行こうと思うのですが、捕まりません。
そんなこんなで、ど~しようもなく忙しい日々です。
今日は仕事が休みですが、裏ちゃんの捕獲にでかけます。


またまたその上緊急事態が発生して
親猫が毒殺され、区画整理で行き場のない子猫を2匹預かることになりました。
そして、明日もう1匹が・・・またご報告いたします。
-----------------------------------------------------------
【里親さんを探しています】

s-225-1.jpgs-225-2.jpg
10/3に捕獲した2歳くらい?のオス猫です。
飼い猫だったので懐いています。
夏には耳がひどい皮膚病で2度ほど薬を飲ませました。
先日の虚勢手術の際、診察していただいた結果
蚊のアレルギーによるものだと聞いて
この子にノラの生活は無理だと思い保護しています。
名前はサワン。タイ語で天国という意味です。
今度こそ天国にいるような幸せを掴んで欲しいとの願いでつけました。
エイズ・白血病陰性。ワクチン接種済み。

---------------------------------------------------------------

2006/11/11 08:54 | TNR活動 | Comment (28) Trackback (0) | Top▲
裏猫:シドちゃんは元気にしています!
2006年11月07日 (火) | 編集 |

【朝のお食事風景】
里親さんのお宅から店の裏に戻ったシドちゃん。
毎日とても楽しそうで、
おじさん猫4匹を日替わりに選んでは甘えています。

そして相変わらず得意の狩りも楽しんでいます。↓

DSC04489.jpg

k460.jpg

n460.jpg

あまりに豪華さに、困惑してしまうほどのシドちゃんからのプレゼントです。
お見苦しい画像なので、葉っぱの布団をかけてあげました。

DSC04486.jpg

もう一つおまけに・・・
これは先日捕獲し、虚勢手術をした猫↓の歯です。

61025boss-2.jpg

捕獲したときからお口の病気なのでは?と思っていたので
麻酔が効いている間に、歯石などを取って欲しいとお願いしたのです。
思ったとおり歯肉炎で、歯がかなりなかったそうで、残った歯の歯石をとろうとしたら
な~んと!歯が取れてしまったそうです。その歯をいただいて帰ってきました。
梅さんもほとんどの歯がないのですが、抜けた歯を見たのは初めてのことで
なぜ口が臭いのか、この歯を見て・嗅いでようやく納得しました。
とにかく物凄い臭いです・・・
歯周病から猫を守るには、とにかく歯磨きだそうですが我が家の猫は全員だめだわぁ~


梅にいさんは、今までの半分ほどのa/d缶を食べさせて、子猫ミルクも少し与えています。
今は風邪がひどくて、鼻ちょうちんができるほど鼻水も出ているので
抗生剤も飲んでいます。
押さえつけて薬を飲ませたりすると、うなり声をあげて嫌がるのですが
少しでも良くなって欲しいので、嫌われながらも与えています。

昨日・今日と幾分気分が良かったのでしょうか、カリカリをほんのわずかと
猫缶をわずか食べてくれました。
今はケージの中で、おじさんみたいないびきをかいて寝ています。
鼻が詰まっていてかなり辛そう・・・


---------------------------------------------------------------

2006/11/07 21:47 | 店裏猫 | Comment (28) Trackback (0) | Top▲
梅にいさんの近況報告-その24
2006年11月04日 (土) | 編集 |


梅にいさんが具合が悪くなった時にも使えるからと、ケージを買いました。↑
しかし、ほとんど動けない梅にいさんにとって、上下の移動は不可能なので
ノラ猫活動で知り合いになった方に、梅さんの話をしたら
すぐに使わなくなったラビットケージを届けてくださいました。↓
こんな時友達は本当にありがたいものです。
きれいに洗って、錆びているところをペイント。自宅用のケージにします。

DSC04496.jpg

静脈点滴のおかげで、腎臓機能を示すBUNの値は測定できる範囲の数値にはなりましたがこれ以上入院していても、改善がみられない状態なので連れて帰ってきました。
輸血とか、腎臓ホルモン注射も考えましたが、
エイズであり、ステロイド注射も打っている梅さんの体に
リスクと負担をかけることは避けたいという意見は、先生も私も同じです。



また具合が悪くなった時のために、先生は静脈点滴の針を留置したまま
自宅で様子をみるようにとのことでしたが
以前夜中に針を抜いてしまい、多量に出血した経験があるし
エリザベスカラーを付けることもストレスになるので
無理を言って針を抜いてもらました。

たび重なる静脈点滴で、梅にいさんの静脈はこれ針を打てる状況ではないそうで
今後静脈点滴ができなくなるそうですが、残された日々を
少しでも気分よく過ごして欲しいのです。

食欲は回復しないまま・・・それでもできる限りのことはしてみます。
だけれどもう、あまり無理やりやるのはやめることにしたの。
梅さん、涙流しながら苦しそうにやっと、飲み込むのですもの・・・
良かれと何度もあげると嘔吐してしまう・・・与える私も辛いです。

少しでも長く梅さんの様子をみたいので、
私と一緒に出勤して会社のケージ、一緒に帰宅して自宅のケージと
移動が負担でない限りそのパターンでお世話します。
鼻水・くしゃみと風邪の症状がひどいので、今から薬をいただきに行ってきますね。
-----------------------------------------------------------
【里親さんを探しています】

s-225-1.jpgs-225-2.jpg
10/3に捕獲した2歳くらい?のオス猫です。
飼い猫だったので懐いています。
夏には耳がひどい皮膚病で2度ほど薬を飲ませました。
先日の虚勢手術の際、診察していただいた結果
蚊のアレルギーによるものだと聞いて
この子にノラの生活は無理だと思い保護しています。
名前はサワン。タイ語で天国という意味です。
今度こそ天国にいるような幸せを掴んで欲しいとの願いでつけました。
エイズ・白血病陰性。ワクチン接種済み。

---------------------------------------------------------------

2006/11/04 10:06 | 梅にいさん | Comment (43) Trackback (0) | Top▲
梅にいさんの近況報告-その23
2006年11月01日 (水) | 編集 |


10月29日頃から風邪ぎみで、くしゃみ・鼻水が出ていて
気分が優れない梅にいさんでした。
それでなくとも食欲がないところに、風邪で全く食べてくれなくなって数日。

今夜やっと病院に行きました。
腎機能を示すBUNやCREの数値は、腎臓不全の末期を証明しており
貧血気味の猫の血液濃度の半分ほどの数値で、貧血もひどい状態でした。
風邪が原因だと思っていたのですが、確実に腎不全が進行していて
診察台で立っていることができないほどで、
梅にいさんは入院してしまいました。

スタッフが一人休んでいたり、
里子に出たフォンちゃんが、35Fで行方不明になり今日で4日目。
相談にのったり、夜探しにいったりと忙しくて
梅さんのことが気になっても、なかなか連れて行けず今日になったけど
一日でも早く連れて行ってあげればよかった・・・

何度も強い生命力で生還してくれた梅にいさん。
もう少しでいいから、ほんの少しでいいから頑張れない?
これ以上頑張れっていうことは、梅さんにとって辛いことなのかもしれないけど・・・

【ご報告】
11/2 01:15 
フォンちゃんが35Fのベランダに仕掛けてた捕獲器に入り
無事お部屋に戻ったとの電話をいただきました。
35Fからの転落を何より心配していたので、ホッとしました~

-----------------------------------------------------------
【里親さんを探しています】

s-225-1.jpgs-225-2.jpg
10/3に捕獲した2歳くらい?のオス猫です。
飼い猫だったので懐いています。
夏には耳がひどい皮膚病で2度ほど薬を飲ませました。
先日の虚勢手術の際、診察していただいた結果
蚊のアレルギーによるものだと聞いて
この子にノラの生活は無理だと思い保護しています。
名前はサワン。タイ語で天国という意味です。
今度こそ天国にいるような幸せを掴んで欲しいとの願いでつけました。
エイズ・白血病陰性。ワクチン接種済み。

---------------------------------------------------------------

2006/11/01 20:11 | 梅にいさん | Comment (39) Trackback (0) | Top▲