FC2ブログ
≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
裏猫:後悔・ごめんね,裏ちゃん
2006年11月22日 (水) | 編集 |



3年ほど前店の裏にやってきて、そのまま居ついた最初の猫が茶トラの裏ちゃんです。
一番の古株なのですが、実は3年もお世話しているにもかかわらず
全く触らせない猫で、虚勢するのも捕獲器を使用したほどですから。

その3年間で4回ほどトイレに篭城していた裏ちゃんを目撃したので
病院に連れて行けない裏ちゃんのために、薬をいただいて
猫缶に混ぜて与えて、なんとか今まではしのいできたのです。

しかし11月6日あたりから又してもトイレに座っている時間が
あまりにも長いため、抗生剤を猫缶に混ぜましたが
匂いで分かるのか、一度も口にしなかったのです。
その後尿閉の状態だったのでしょう、痛がっているのが分かったので
何とか病院に連れて行ってあげたいと、捕まえようとしましたが
11月10日に捕獲に失敗して以来、そろそろ2週間・・・
店裏猫「裏ちゃん」はとうとう姿を現さなくなってしまいました。

尿閉は恐ろしい病気で、ストラバイト結石によって閉鎖された尿道のために
膀胱に尿が排泄されず貯まって、尿毒症で動けなくなるか
尿が貯まった膀胱が体内で破裂してあっという間に死にいたるそうです。
ナヌーも同じ病気になったので、どんなに苦しかったか
あの時なんとしても捕獲するべきだったと
未だに後悔しています。裏ちゃん、本当に力不足でごめんなさい。

最後まで撫でさせることも許してくれなかった裏ちゃん。
ママさんのことを恨まずに、安らかに眠ってください。

【追記】
梅にいさんの様子がまた悪くなり、昨日11/21病院にいってきました。
急変するかもしれない状態らしいので、できればずっと一緒にいてあげたいのですが
悲しいかな、自宅のケージに入れて仕事に出かけるしかありません。

-----------------------------------------------------------
【里親さんを探しています】
s-225-1.jpg



---------------------------------------------------------------

2006/11/22 21:09 | 店裏猫 | Comment (26) Trackback (0) | Top▲