≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
お気に入りの場所:ナヌーさん
2007年10月27日 (土) | 編集 |
7.5㌔の巨体のナヌーさんは、最近好んでこの場所で寝ています。
クッション性には優れていますが、バランス悪そうなのに器用に寝ていますね~
BGMは猫ちゃんの好きな音楽から「ハイドンのセレナード」



10/19に入院したゴンちゃんは、今日も静脈点滴を受けていますが
そろそろ静脈留置も限界らしく、月曜日(10/29)にはお迎えに行く予定です。

実は昨日また猫が1匹・・・
台風20号の影響で雨脚が激しさを増し
雨宿りの方法すら知らない猫を保護してあげるしかありませんでした。
ゴンちゃんのお迎えの際、連れて行って去勢や検査をしてもらわなければ。
このお話は後日にしますね。

★台風9号による多摩川被災動物救済義援金のお願い
tamagawa.png
バナーをクリックして下さい


 【里親さんを探しています】
70908-4.jpg70908-3.jpg
5~6才のメス猫で、嬉しいと前脚でモミモミ・フミフミしてくれる
誰にでも触らせる可愛い猫です。
引越しの時に置き去りにされ、地域猫として暮らしていましたが
他の猫からいじめられ、8月には怪我をして入院しましたので
できれば温かな家を見つけてあげたいと考えています。


---------------------------------------------------------------

2007/10/27 13:21 | うちの猫 | Comment (33) | Top▲
猫のことを忘れて
2007年10月22日 (月) | 編集 |
主人が温泉の予約をしてくれていました。
ゴンちゃんの具合も思わしくなく、キャンセルしようかと悩みましたが
思い切って入院させ、一日ぐらい猫のことを忘れ温泉でのんびりすることになり出発。
箱根小涌谷温泉水の音という宿です。


今年は紅葉が遅れており、2~3週間後が見ごろだそうですが
お部屋の露天風呂からのお庭の緑に癒されました。森林浴&入浴!

71022-2.jpg
箱根には決まって車で行くので、実はロープウェイに乗ったことがなかったのです。
今回初めて空から箱根の大涌谷や芦ノ湖を見下ろしました。
ケーブルカーにも乗っちゃいました~

71022-3.jpg
そしてこの時期人気の観光スポット。仙石原のススキ。見渡す限りススキです!
車で通過しながら見物したことはあるのですが、
初めてススキの中をお散歩してきましたよ~♪

71022-6.jpg
お日様の光を浴び黄金に輝くススキたち。



71022-5.jpg
いつも皆様にはお世話になっております。
温泉につかって、気分転換してきましたのでまたよろしくお願いしますにゃ。
                             と・ろ・ろ

★台風9号による多摩川被災動物救済義援金のお願い
tamagawa.png
バナーをクリックして下さい


 【里親さんを探しています】
70908-4.jpg70908-3.jpg
5~6才のメス猫で、嬉しいと前脚でモミモミ・フミフミしてくれる
誰にでも触らせる可愛い猫です。
引越しの時に置き去りにされ、地域猫として暮らしていましたが
他の猫からいじめられ、8月には怪我をして入院しましたので
できれば温かな家を見つけてあげたいと考えています。


---------------------------------------------------------------

2007/10/22 19:39 | | Comment (26) | Top▲
買いだめ
2007年10月20日 (土) | 編集 |
原油価格の急騰でさまざまな物が値上がりしていますが
な~んと!キャットフードまでも。
この値上げはユーロ高の影響で
10キロ入り大袋x3と1.5キロPHケアx13袋
約50キロのカリカリを買いだめしました。

自宅猫ナヌーさんとジジさんはこのHPケアしか食べられないので、
一緒に暮す真黒までこのカリカリを食べさせています。

新価格1.5キロが2050円くらい。処方食とはいえいい値段です。


なんとしても皮下補液が出来ないゴンちゃんが少しでも楽になればと
昨日10/19入院させました。
気分が良くなって餌を食べられるようになることを願って。


10年後、犬猫たちのガス処分がなくなって欲しいと思いませんか?
目標がたった25%減で良いのでしょうか?

■10月21日に神奈川県の動物愛護管理10ヵ年計画を考えるシンポジウムが開催されます。詳しくは「不幸な犬猫をなくすネットワーク」のHPをご覧ください。
71013-4.jpg


★台風9号による多摩川被災動物救済義援金のお願い

tamagawa.png
バナーをクリックして下さい


 【里親さんを探しています】
70908-4.jpg70908-3.jpg
5~6才のメス猫で、嬉しいと前脚でモミモミ・フミフミしてくれる
誰にでも触らせる可愛い猫です。
引越しの時に置き去りにされ、地域猫として暮らしていましたが
他の猫からいじめられ、8月には怪我をして入院しましたので
できれば温かな家を見つけてあげたいと考えています。

---------------------------------------------------------------

2007/10/20 11:04 | 猫話 | Comment (20) | Top▲
ゴンちゃん
2007年10月17日 (水) | 編集 |
慢性腎不全も末期だと判明したゴンちゃん。
保護部屋の中の個室のケージに入れてあげました。
病院に連れて行った翌日10/13には、穏やかなゴンちゃんが豹変して
ケージの中から威嚇し、手を入れることさえできず
ただ呆然と見ているしかできませんでした。泣
無理やり捕まえて病院に連れて行き、ケージの中に入れたことを悔やみました。
しかしその翌日の14日には少し落ち着きを取り戻し、
ケージの中に餌を入れることができました。

【10/15のゴンちゃん】
鼻についた猫砂さえ落とせないほど、グッタリしていました。
おいしい猫缶を口元まで運んであげても全く無視。

71017-2.jpg
【10/16のゴンちゃん】
猫砂からスライド式のトイレに入れ替え、ささみ・カニかま・猫缶・ミルクなど
色々な物をあげてみました。
しかし一口も食べてくれない物がほとんど。何をあげれば食べてくれるのか?悩みます。


【10/17のゴンちゃん】
a/d缶・猫缶・生利節など並べてみましたが、やはり食べてくれません。涙

BUN(血中尿素窒素):>140   基準値17.6~32.8
CRE (腎濾過量)   :10.2    基準値 0.8~1.8

梅にいさんが亡くなる20日前のデーターよりも悪いゴンちゃんの検査結果。
皮下点滴(補液)も、注射器で短時間にできるやり方を教えていただきましたが
バスタオルを頭部に掛ければ動かなくなると思っていたのに
ケージが大きいので動いてしまい、結局一度もできません。
ただただ見守るしかできない毎日です。
ケージに入れて4日たちますが、一度もウンチをしません・・・
胃の中は空っぽなのでしょう。
朝ゴンちゃんのいる保護部屋に入り、ケージのカバーをはずし
ゴンちゃんが生きているとホッとしますが
もうそこまでお迎えが来ているように思えます。

のんちゃんのお世話もあり、ますますバタバタになってしまいました。
皆さんのところへは週末時間ができたらお邪魔させてください。
コメントいただきながら誠に申し訳ありません。


10年後、犬猫たちのガス処分がなくなって欲しいと思いませんか?
目標がたった25%減で良いのでしょうか?

■10月21日に神奈川県の動物愛護管理10ヵ年計画を考えるシンポジウムが開催されます。詳しくは「不幸な犬猫をなくすネットワーク」のHPをご覧ください。
71013-4.jpg

---------------------------------------------------------------

2007/10/17 21:35 | 店裏猫 | Comment (18) | Top▲
余命半年
2007年10月14日 (日) | 編集 |
記憶が定かではありませんが、ゴンちゃんが店裏に現れてから4~5年ほどたちますが
シッポと前脚を触らせるようになったのが数ヶ月前のことなので
病院に連れて行くことが困難な状態は相変わらずです。
3月にゴンちゃんが体調を崩した時も、格闘の末やっと連れて行ったわけですから。

そのゴンちゃんがここ半月あまり餌を食べてくれず
姿を隠してしまう前になんとか診察を受けさせたいと、作戦を練っていました。

考えた末購入した大きなハードキャリー(画像左)

71003-2.jpg



71013-3.jpg
「そのキャリーをいつものゴンちゃんのハウスの場所に置いて
ゴンちゃんが中に入ったら、扉を閉めて搬送する」という計画でしたが
設置後5時間でゴンちゃんは入ってくれたので、またまた高速ぶっ飛ばし
入院させるため病院に連れて行きました。

ところが単なる風邪の悪化と思っていたゴンちゃんでしたが
鎮静剤を打って、血液検査など基本的検査をひと通りしていただいた結果
慢性腎不全で末期も末期。のんちゃんよりも重症で、良くて余命半年と。
来年の春を迎えられるか?というほど悪い状態でした。
口を見たら歯は3本しかなく腫瘍のようなものがあり、脱水も起こしていてひどい状態。
ノラ猫の苦労を物語る、ボロボロの体であることが判明し
7キロ近くあったと思われる体重も3.9キロにまで減少していました。。

このまま保護部屋でできる限りの治療をして、看取ってあげるしかありません。
触らせる猫でも皮下点滴をするのは苦労ですが
ゴンちゃんに一日置きに点滴するため、注射器で直接輸液する方法の講習を受け
必要な治療をしていただき連れて帰ってきたのでした。

ゴンちゃんは、ノラ猫としてひっそり死んでいくことを望んでいたかもしれないけど
やるだけのことはやらせてください。
たとえそれが人間の自己満足だとしても。


10年後、犬猫たちのガス処分がなくなって欲しいと思いませんか?
目標がたった25%減で良いのでしょうか?

■10月21日に神奈川県の動物愛護管理10ヵ年計画を考えるシンポジウムが開催されます。詳しくは「不幸な犬猫をなくすネットワーク」のHPをご覧ください。
71013-4.jpg

---------------------------------------------------------------

2007/10/14 14:55 | 店裏猫 | Comment (24) | Top▲
10/11のんちゃんが退院しました。
2007年10月13日 (土) | 編集 |
約2ヶ月前のステロイド注射がとうとう切れてきたのか?
口内炎が痛むようなので春ちゃんを助手席に乗せ
またも東名高速をぶっ飛ばし、のんちゃんのお迎えに行きました。
10/2下痢・嘔吐・風邪で入院したのんちゃんは、
今回9泊10日もお世話になってすっかり体調も良さそうに見受けられます。


画面左から
春ちゃん・おかめちゃん・モモちゃん・ランちゃん・とろろちゃん・ビビちゃん。
ケージの中がのんちゃんです。
寮長のランちゃん♂以外、全員メス♀の女子寮のメンバーが久しぶりに揃いました。
のんちゃんも元気に腎臓サポートのカリカリを食べていますね~

一難去ったらまた一難・・・
昨日店裏猫の長老ゴンちゃんを病院に運びました。
先生から告げられた診断に、涙しながら高速を帰ってきました。
連日の病院通いもさることながらさすがに少々疲れました。
そのお話は後日にします。

10年後、犬猫たちのガス処分がなくなって欲しいと思いませんか?
目標がたった25%減で良いのでしょうか?

■10月21日に神奈川県の動物愛護管理10ヵ年計画を考えるシンポジウムが開催されます。詳しくは「不幸な犬猫をなくすネットワーク」のHPをご覧ください。
71013-4.jpg

71013-5.jpg

71013-6.jpg

71013-7.jpg


---------------------------------------------------------------

2007/10/13 09:41 | 保護猫 | Comment (16) | Top▲
幸せ通信♪
2007年10月08日 (月) | 編集 |
before
71008-2.jpg
入院時2006.11月撮影 
釣り糸で首から前脚を縛られて、糸が食い込んでいたところを保護。
もう懐かないのでは?と思うほど人間を恐れていましたが
手術後2006.12.2に里親さんのお宅に行ったアスラン(旧名セナくん)

after
71008-5.jpg
体重も5キロになったアスラン。
アメリカンショートヘア・マッカレルタビーなのでは?
と思わせるほど、相変わらずきれいな縞模様です。


before
71008-3.jpg
2006.9月撮影
保護部屋のケージの中のルーニャン(旧名フォンちゃん)

after
71008-8.jpg

71008-9.jpg
35階の高層マンションでセレブ猫やってるのは知っていたけど
メタボ猫にもなっていた



before

2007.6月撮影
駅前でノラちゃんをしていた時のそらちゃん(旧名ビリーくん)

after




道行く人に擦り寄っていた甘えん坊のそらちゃんが
今は雨風の心配もなく、こんなにも幸せに暮しています。
こうしてMLに添えられた画像をみると、ますます頑張らねばと思う今日この頃なのです。


 【里親さんを探しています】
70908-4.jpg70908-3.jpg
5~6才のメス猫で、嬉しいと前脚でモミモミ・フミフミしてくれる
誰にでも触らせる可愛い猫です。
引越しの時に置き去りにされ、地域猫として暮らしていましたが
他の猫からいじめられ、8月には怪我をして入院しましたので
できれば温かな家を見つけてあげたいと考えています。


TNR活動の仲間も、多摩川の猫50匹の手術をしましたので
猫たちのことがとても心配です。↓
★台風9号による多摩川被災動物救済義援金のお願い

tamagawa.png
バナーをクリックして下さい


男子寮にも秋の気配が・・・
2007年10月03日 (水) | 編集 |

【シドちゃんとハナちゃん】

つい先日までお外でくつろいでいた男子寮の猫たちですが
1ヶ月以上も季節が先行してしまったため、
発泡スチロールの猫ハウスで過ごすことが多くなっています。
71003-2.jpg
【ゴンちゃん】
特に長老のゴンちゃんは、寒さに弱く朝晩必ずハウスに入っています。


71003-3.jpg
【左耳の縮れたミミちゃん】
ミミはゴンチャンと仲良しなので、ほとんど一緒にハウスに入っていますが
未だ人間恐怖症で、私が接近するとハウスから飛び出し防衛体制。(涙)


71003-4.jpg
【ハナちゃんの左耳】


71003-5.jpg
【ハナちゃんの右耳】
今年になって突然『蚊アレルギー』になってしまったハナちゃん。
何年も外で暮らしていたのに、蚊に刺された跡がこんな風にかぶれて、かさぶたに。
今は北海道の里親さんのお宅で幸せに暮らしている
『蚊アレルギーの捨て猫・サワン君』を思い出しました。

71003-6.jpg
目やにが出る目の周囲も蚊に刺されてかぶれています。
そんなわけで、今年の夏はハナちゃんの耳に
”蚊よけスプレー”を塗ってあげるため悪戦苦闘の毎日でした。

人間用のスプレーは噴射パワーが強すぎて、猫が逃げてしまうので
パウダー状のものや液体の”虫よけスプレー”を何種類も買いました。
無理やり押さえ込んで、耳に薬を付けるので嫌われてしまいましたが
もうそろそろ”虫よけスプレー”もお役御免になってきたように思われます。
やれやれ!よかった~

9/16に猫の仲間から預かった慢性腎不全ののんちゃんですが
整腸剤など与えてきましたが、下痢が治まらず
その上毎日繰り返される嘔吐のため、10/2入院しました。
下痢と嘔吐の繰り返しでは、高カロリー食も点滴も意味がありません。
甘えん坊ののんちゃんには可哀想ですが、悩んだ末の選択でした。
背骨が突起し、皮下点滴の針を挿入すると痩せすぎのため
反対側に針が突き抜けてしまうのんちゃん。
梅にいさんで慣れていたはずの皮下点滴ですが、実は苦労の日々です。。。


 【里親さんを探しています】
70908-4.jpg70908-3.jpg
5~6才のメス猫で、嬉しいと前脚でモミモミ・フミフミしてくれる
誰にでも触らせる可愛い猫です。
引越しの時に置き去りにされ、地域猫として暮らしていましたが
他の猫からいじめられ、8月には怪我をして入院しましたので
できれば温かな家を見つけてあげたいと考えています。


TNR活動の仲間も、多摩川の猫50匹の手術をしましたので
猫たちのことがとても心配です。↓
★台風9号による多摩川被災動物救済義援金のお願い

tamagawa.png
バナーをクリックして下さい
★台風9号による多摩川被災動物情報1
★台風9号による多摩川被災動物情報2


---------------------------------------------------------------

2007/10/03 21:37 | 店裏猫 | Comment (22) | Top▲