FC2ブログ
≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
目からウロコ
2009年05月07日 (木) | 編集 |
2006年虐待現場から保護され、尿路疾患のため
里親探しができず我が家の猫になったジジ。
これまでに2つの病院で検査・診察は2~30回に及び
ストラバイト結晶と膀胱炎・原因不明血尿と
2年以上治っては再発を繰り返してきました。

s-7.jpg
【2006年11月のジジ】

4月上旬のことまたしてもひどい血尿で、尿がこげ茶色になってしまい
先生と相談してエコー検査ができる病院で診察してもらうことになりました。

jj5.jpg
【2007年1月・里親探し真っ最中のジジ】

猫仲間が緊急事態に駆け込む有名病院の
院長先生に診察していただいたのが4月24日。
全国からやってくる患者さんと、犬や猫でごった返していた待合室。
(待ち時間も入れて5時間もかかりました。)

エコー検査の結果、特に問題もなく
今までの経緯・処方していただいていた薬・療法食などなど
全て話を聞いてくださった先生がくだした結論は
『療法食(カリカリ)で尿結晶治すやり方は当院では勧めていない。
療法食を与えても同じことを繰り返すなら全くカリカリは与えず、猫缶だけにしてみては』

という ”目からウロコ” のアドバイスだったのです。

90507-3.jpg
猫はネコ科の動物で、肉食性であったため
中にはトウモロコシが原料のカリカリ自体が体質に合わない猫もいると。
(猫は哺乳綱食肉目ネコ科に属する=主に飼い猫)
総合栄養食の猫缶には、カリカリより多くの水分も含まれているので
蓄尿癖があり、尿結晶ができやすく、あまり水を飲まない
ジジのような猫にはお勧めだとのことなのです。
「お薬は処方していただけないんですか?」
「出せと言うなら、いくらでもでも出すことはできますよ」

との素晴らしい答えに、先生の指示どおりやってみることに♪

90507-2.jpg
ササニシキより高価な療法食のカリカリ↓は
猫缶を混ぜては効果がないため、何ヶ月も猫缶を食べられなかったジジ。
なのに~逆転判決?(なんのじゃ~)で食生活が一変。

90507-1.jpg
「この猫缶は嫌いだ!」と我がまま放題ですが
一番戸惑っているのはジジ本人(本猫)なのでしょうから、我慢、我慢。
でも・・・一口も食べない猫缶、多すぎ!


「犬猫救済の輪」では野良猫TNR募金を呼びかけています。
バナーをクリックしてください。

kitaku2.jpg


神奈川初上映「犬と猫と人間と」
日時:6月14日(日)
第1回:開場10:00 上映10:30~12:30
第2回:開場13:30 上映14:00~16:00
会場:県立かながわ女性センター ホール(定員500名)
〒251-0036 藤沢市江ノ島1-11-1 Tel:0466-27-2111
   小田急線片瀬江ノ島駅下車 徒歩15分
料金:前売り:1,000円 当日:1,200円(高校生以下当日800円)

主催/問合せ:かながわ女性会議(かながわ女性センター内)
「blog 映像グループ ローポジション」より

---------------------------------------------------------------

2009/05/07 15:34 | うちの猫 | Comment (22) Trackback (0) | Top▲