FC2ブログ
≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
ゆっくりお休み、ボスちゃん。預かりにゃんこ:河原猫たち-35
2010年06月26日 (土) | 編集 |
6/24:13時ごろ
尿毒症による不快感で、吐くものもないのに何度も嘔吐を繰り返し
今夜が峠と思い、せめて気分が悪い時は撫でてあげたいと
2階の河原猫の部屋から、私の部屋のケージにボスを移動したのでした。

106261.jpg

6/25:午前2時ごろ 
ボスが苦しそうな声をあげたので起き上がり
トイレの中で倒れていたボスを抱きあげ、タオルの上に寝かせ
早くお迎えがきて、ボスを楽にしてあげて欲しいと念じながら
暫く全身を撫でてあげました。
意識はしっかりあって、律儀にもシッポをパタパタさせるボス。
小刻みに痙攣を繰り返し、最期が近いことを感じさせました。

106262.jpg

6/25:13時ごろ 
痙攣の回数も増え、口から体から悪臭が漂い
必死起き上がってはバタリと倒れ込み、見ているのも辛い状態でした。

106265.jpg

6/25:17時すぎ
あまりに苦しそうなので、2回目の補液で
少しでも気分良くしてあげようと、電話で先生と打ち合わせ中
呼吸が上がり、今まで見たことがないほどの激しい痙攣が襲い掛かりりました。
直視できないほど恐ろしい光景でした・・・

106264.jpg

6/25:19時ごろ
おじさんに連絡をとったら2キロほどの距離の所にいらして
ボスの様子を見に来てくれましたが、激しい痙攣の後に昏睡状態に陥り
おじさんの呼び掛けにも反応しなくなり

1062612.jpg

6/25:19時半頃 ボスは苦しみながらやっと天国に旅立しました。

106266.jpg

それでもボスは安らかな顔で旅立ちました。
河原では渋く凛々しい表情のボスだったけど
うちに来てからは甘えん坊で・聞き分けがよく・お利口さんで
頬ずりしたいほど可愛い・可愛いボスでした。

106267.jpg
ボスちゃん、お疲れさまでした。ゆっくりゆっくり休んでね。
そして河原猫の支援者の皆様、本当にありがとうございました。

106268.jpg

なにが辛いかといったら、ボスが旅立ってしまったことより
最後の最後に断末魔の苦しみを味合わせてしまいました。
長年苦労してきたボスには、せめて苦しまず
天国まで送り届けるのが、私の務めだとお世話してきたのに。

106269.jpg

たくさんの慢性腎不全の猫を看取って来ましたが
あの優しく可愛いボスを苦しませてしまったことが無念でなりません。
安楽死も選択肢の中にあったのに・・・

1062611.jpg

あまりの無念さで自己嫌悪。
気持ちの整理ができるまで、暫くブログお休みさせていただきます。


【追記1】
仲間との最後の夜になるので、昨夜ボスの亡骸は
ミケとミーがいる河原猫の部屋に安置しました。
死後1時間ほどたっていましたが、ミケはまだぬくもりの残るボスのそばきて
吐しゃ物で汚れた手足を舐め、その後丁寧に顔を舐めくれました。

1062614.jpg
動物は死んだ瞬間に生き物と認識しない、といわれますが
今朝ボスの様子を見に行ったら、硬直した遺体にも寄り添い
驚くことに、舐めてあげるのです。

1062613.jpg


1062615.jpg
ミケがボスから離れません。


ボスのお世話役だったミケ。
いつも身体を張って守ってくれたボスに
心から感謝しているのでしょう。涙

1062616.jpg
ボスちゃんへとお花が届きました。

106271.jpg
ありがとうございました。

【追記2】
もうーすさまが"ボスの生きた証"をブログで紹介してくださいました。
いかしたボスを見てやってください。↓
                「うちのとらまる」



201006181.gif
TNR-Tシャツ2010 お申し込みはこちらから

【ご案内】
「猫雑貨 福にゃん本舗」も猫グッズも400点ほどになりました!
よろしかったらご覧ください♪
910291.gif

犬と猫と人間と
20090830205330dbd.jpg
劇場情報



---------------------------------------------------------------

2010/06/26 05:35 | 河原猫 | Comment (39) Trackback (0) | Top▲