≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
ブリちゃんも虹の橋を渡りました
2014年05月31日 (土) | 編集 |
5月中旬から全く食なくなってしまったブリちゃん。

14052201-1.jpg
強制給餌で3週間もがんばってくれましたが
昨日5/30 ブリちゃんは虹の橋を渡りました。

前回の記事にも書きましたが、
我が家にはないタイプの甘えん坊で可愛い猫だったので、
不妊手術後も里親探しをせず、私の猫となった子です。

DSC02075.jpg
【2009.3月 保護した頃のブリちゃん】

保護した時の推定年齢が2歳くらいなので
まだ7~8歳なのに病魔が彼女に襲い掛かりました。
原因は不明ですが
「腸管型のリンパ腫」や「炎症性腸疾患(IBD)」などだった可能性が高いとのこと。
開腹して患部細胞を採取し、病理検査しないと確定診断できない病気だけに
衰弱していたブリちゃんには不可能なことでした。

14053101-1.jpg
冬の夜、私の顔を前足でカキカキして顔を舐めては
お布団に入れてと、せがむ猫がいなくなってしまいました。
旅立つ前夜も、当日の明け方も、ケージから出たいというので
私のベッドの枕元にバスタオルを敷いて、
いつものように顔を寄せ合いながら、2時間ほど過ごすことができましたが
今はとても辛く、寂しいです。

14060301.jpg

DSC03001.jpg
かわいい、かわいいブリちゃん。
天国でまた会おうね。


【ご報告です】
楽天のポイントを利用して猫缶を購入いたしました。
14051409-1.jpg
ブリちゃんが食欲がなかったため、いつもより贅沢な缶も少し買いました。
いつもご支援いただきありがとうございます。


【以下のバナー経由でお買い物していただいて得たポイントは、
保護猫たちの療法食や猫砂などにに使用させていただいております】


  



e7a666c7.gif12050320.gifjisinbanner.jpg
福島の被災猫たちの為のシェルター運営の為にご協力をお願いします。

TNR_20100504205644s.png

---------------------------------------------------------------

2014/05/31 18:39 | うちの猫 | | Top▲
原因不明
2014年05月18日 (日) | 編集 |
自分の餌があるのに、隣の子の餌を食べてしまうほど
食欲旺盛だったブリちゃん。
好き嫌いもなく、なんでもガツガツ食べていたのが
より好みをして、口を付けなくなったのが4月の下旬。
5月上旬に異変を感じたときには、腰骨がゴツゴツするほどになっていました。
いつも気を付けて猫たちを見ていますが、
多頭飼いでは、悲しことに病気の早期発見が遅れがちです。


気分転換にケージから出すことはありますが
5月上旬からケージに入れ、食欲、尿、ウンチなど観察しています。

14051402-1.jpg
5/9まではわずかながらも、スペシャルなカリカリを食べていたのですが
全く食べなくなってしまったので、今は強制給餌をしています。

14051403-1.jpg
血液検査、レントゲン、エコー検査の結果、
膵臓付近に何かが起きているようなのですが
(膵臓の検査の数値は正常値でした)
試験開腹するほどの体力もないため、今は対処療法で治療しています。
原因が解明されない限り、治療することはできないだけに辛いです。

14051404-1.jpg
お薬を何種か試しましたが、ひどい下痢も止まらず
高カロリー食を給餌してしても、気分が悪いらしく嘔吐してしまうことも多く
吐き気止め、ステロイド剤なども混ぜていただき注射しています。

5/18 体重は2.9㌔
2009年2月に保護したブリちゃん。
人懐こくてとてもかわいい猫で、エイズも白血病も陰性。
いままでならすぐに里親を探していましたが
ブリちゃんほどのかわいい猫が我が家にはいなかったので
毎晩抱っこして寝ているうちに我が家の猫になった子なのです。

奇跡が起きてまた餌を食べてくれることを願い
今日も4種類ほどの餌を並べました。

【ご報告です】
楽天のポイントを利用して猫缶を購入いたしました。
14051409-1.jpg
ブリちゃんが食欲がないので、いつもより贅沢な缶も少し買いました。

いつもご支援いただきありがとうございます。


【以下のバナー経由でお買い物していただいて得たポイントは、
保護猫たちの療法食や猫砂などにに使用させていただいております】


  



e7a666c7.gif12050320.gifjisinbanner.jpg
福島の被災猫たちの為のシェルター運営の為にご協力をお願いします。

TNR_20100504205644s.png
---------------------------------------------------------------

2014/05/18 11:03 | うちの猫 | | Top▲
通院月間
2014年05月06日 (火) | 編集 |
さまざまな花が咲き乱れ、新緑の美しい季節ですね。
みなさまはどのようなゴールデンウィークを過ごされましたか?

仕事の繁忙期が少し落ち着いた4月上旬から
毎週1匹ずつのペースで、年末から気がかりだった猫たちを
病院に連れて行きました。

自分自身の体調もなかり回復しつつありますが、
以前のように1度に3匹とかを連れて行くパワーがなくなりました


キーちゃんの猫喘息は相変わらずですが、
咳のほかに鼻水とくしゃみがひどく、鼻汁で壁や床が汚れるほど。
慢性鼻気管炎が原因とのことで、ステロイド注射を打って様子をみることに。
点眼点鼻薬も処方していただきました。

肛門が異常に臭うため肛門腺を診ていただきましたが
やはり排便時にうまく排泄されていなかったようで、
肛門腺絞りもお願いしました。


14050703.jpg
頻便で、軟便だった真黒(マグロ)ちゃんは
「甲状腺機能亢進症」ではないかと心配していましたが
14歳とお年寄りであるので、暫くビフィズス菌などを飲ませることに。
真黒ちゃんも肛門腺が溜まってしまう猫なので処置していただきました。


14042706.jpg
そして昨年10月、突然我が家の猫になってしまったチロリンちゃんは
悪いところだらけだったため、まずは外耳炎の治療からしたのですが
マラセチア菌が退治できているか診察していただく必要がありました。
保護直後からくしゃみがひどく、最近は血混じりの鼻汁が続いており
チロリンにも炎症を抑えるため、ステロイド注射を打ってもらいました。
外耳炎は良くなっていました!
キーちゃん同様、チロリンも点眼点鼻がかかせません。


13070301-1.jpg
4月はまさに通院月間でしたが
今度は女子寮のブリちゃんが突然餌を食べなくなってしまい
久々に抱き上げたらとても軽くかんじたので
慌てて体重を測ったところ昨年10月4.4㌔だった体重が
3.1㌔まで減少していました。
毛艶も悪く、近日中に診察に連れて行くつもりです。


【以下のバナー経由でお買い物していただいて得たポイントは、
保護猫たちの療法食や猫砂などにに使用させていただいております】


  



e7a666c7.gif12050320.gifjisinbanner.jpg
福島の被災猫たちの為のシェルター運営の為にご協力をお願いします。

TNR_20100504205644s.png



---------------------------------------------------------------

2014/05/06 14:29 | うちの猫 | | Top▲