≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
不妊手術のために捕獲しましたが・・・
2007年02月18日 (日) | 編集 |
昨年11月ごろから店の近くで、お腹が大きいような気になる猫がいました。
どうみてもメス猫なので、何度か餌を与え捕獲を試みましたが
なにかを察したのか、それ以来姿を見せなくなってしまったのです。


そして2日前に見つけました!
嘆願書を頼みに行った、外猫を6~7匹飼っている家の前で日向ぼっこ。
餌をあげている老夫婦は、お二人とも病気で猫に餌をあげるのが精一杯で、
私が以前から不妊・去勢をお手伝いしているお宅です。
早い方が良いので、了解を得てすぐに病院に運びましたが・・・
70218-2.jpg

痩せているわりに、お腹だけ膨らんでいて常に妊娠しているような体型なので
心配になって手術前に診察していただいたところ
FIP(猫伝染性腹膜炎)の可能性が高く、腹水も溜まっていて脱水しているので
手術を取りやめて、入院させることにしました。
FIPが、エイズや白血病のように
検査キットで結果が出る病気ではない、ということも初めて知りました。
70218-3.jpg

食欲が回復して、もう少し状態が良くなって不妊手術をしてあげたい!
だって外で暮らしているのですから。
老夫婦に腹膜炎の話しをして、理解してもらえるのか?この猫はどうなってしまうのか?
考えると不安なことだらけ。
耳がグチャグチャだった「おかめちゃん」も16日(金)に退院して
今保護しているのです・・・

シェルターに保護されている富士見公園の猫たちの里親会が
2/25(日)"ペットスマイル戸越店"にて実施されます。
シェルターの使用期限もあり、慣れている猫ちゃんの里親さんを
何としても探さなければなりません。
詳しくは「シェルターの猫」をごらんください。


'07年1月16日に動物愛護法違反容疑で逮捕された
横浜の高柳容疑者は2/5に起訴されました。
裁判所の厳正、公正かつ適切な判断が下されるように
嘆願書をおねがいします
嘆願書はこちらから

inusos.jpg   家族の一員として愛情をかけ、
   生まれてきた喜びを与えてあげてください!!!
   どの子も、精いっぱい自分の役目を果たしてきた、
   素直で優しい子たちです。




---------------------------------------------------------------

2007/02/18 14:21 | TNR活動 | Comment (24) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
またまた可哀想な猫ちゃんですね。腹膜炎ちゃんと治るように祈ってます。避妊手術も大切ですよ。外で暮らす猫ちゃんには可哀想だけど必要な手術ですよね。と・ろ・ろさん、頑張ってください。
2007/02/18(日) 17:34:19 | URL | みじー #-[ 編集]
みじーさん
有効な治療もないという「伝染性腹膜炎」
その可能性がかなり高いので、どうしたらよいのかと・・・
友人が捕獲した猫が、麻酔をかけて亡くなってしまったので、
不妊手術も慎重になります。
2007/02/18(日) 19:44:58 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
伝染性ということはリリースすると他の猫にうつる可能性もあるのですか?この病気は治りにくいと聞いています。大丈夫なんでしょうか。
2007/02/18(日) 20:10:59 | URL | シロ #-[ 編集]
シロさん
腹膜炎は感染するらしので、餌の食器を分けたり
トイレを別にしたりする必要があるみたいなのです。
それが老夫婦にできるかと・・他の元気な猫に感染するのに怖いです。
2007/02/18(日) 20:37:08 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
お腹に子供がいたのじゃなくて、病気だったのですね。
リリースすると健康な猫さんに感染の可能性が・・・?
と・ろ・ろさんも又頭を悩ませる問題が持ち上がってしまったわねー。
2007/02/18(日) 20:51:40 | URL | きょっぴい #-[ 編集]
う~ん、FIPですか…
あれは体内でウィルスが突然変異するとか。
だからウィルス感染しても確実に発症するわけでもないらしいですね。

御老人に物事を教えるのって難しいんだよね(-_-;)
2007/02/18(日) 22:58:56 | URL | ネコ四方固め #ws08htHA[ 編集]
まあ…
FIPだったら…
かわいそうだなぁ。

うちにもかかった子いたのよねぇ。

2007/02/19(月) 02:43:21 | URL | harry #-[ 編集]
大変ですね
と・ろ・ろさん、おはようございます。
腹膜炎、感染が気になる病気ですね。
老夫婦の方々にお話がスムーズに伝わると良いのですが。
猫1匹のことでも、病気だったりすると、大きい事や細かな事が沢山あって
ほんとに大変ですよね。お察しします。

猫グッズ、可愛いですね~ ニャンコ雛が特に目を引きました^^
2007/02/19(月) 08:50:22 | URL | ミーシャ #3LCDdMDI[ 編集]
お疲れさまで~す♪
と・ろ・ろさん おはようございます。

この猫さんが妊娠? 子ねこみたいね。

FIPって 何なの?
2007/02/19(月) 10:50:35 | URL | りりー姫 #1/BL6OnY[ 編集]
あらら
 またまた、問題のある猫さんがいたんですね~
可愛い顔してるのに。。
入院ですか。
早く良く成ってくれるといいですね。
と・ろ・ろママさんも、大変だな~
2007/02/19(月) 10:53:16 | URL | にゃんた #-[ 編集]
きょっぴいさん
今日早速猫のことを話しに、老夫婦のことろに行ってきました。
話をすればするほど、病気の猫を引き取るのは無理だと。
困った・・・
2007/02/19(月) 15:44:14 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
ネコ四方固めさん
腎臓値も肝臓値も正常なのに、黄疸の数値が高いことや
腹水が溜まっていること、嘔吐が頻繁なこと、などなど・・・
これってすでに発症しているということかしら。
せめて、不妊手術できないから、ケージをお貸しするのでケージの中で。
そんな話をしてきましたが、無理!
飼い猫だったようで、とてもいい子なのよ。
おかめちゃんも退院してきたしね~
2007/02/19(月) 15:49:52 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
http://chag.blog55.fc2.com/blog-entry-54.html
よくなりますように・・・
2007/02/19(月) 16:15:58 | URL | 杏 #0eITWfcI[ 編集]
harryさん
この猫をお世話したいた方が、老夫婦なので
たくさんいる猫1匹ずつに手をかけられないのです。
病院ではたくさん餌を食べていると聞きましたので
退院後は暫く私がお預かりして、様子をみようかと・・・
この子も捨てられた猫。懐いているのでかわいそうだよねe-263
2007/02/19(月) 22:21:59 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
ミーシャさん
不妊手術をして、老夫婦の所にお返しするつもりでした。
でも状況が急変して、私も戸惑っています。
猫にはなんの罪もないし、この子も捨てられて困って
病気に感染してしまったのかもしれません。。。
少しお預かりして、元気になったらお返しすることにしようかと。
栄養状態も良くないと、病院の先生がおっしゃるのです。
2007/02/19(月) 22:26:41 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
リリー姫さん
2枚目の写真の下3行目のFIPの所をクリックすると
その病気の説明の所に飛びます。
梅ちゃんの腎不全と同じく、治療法のない病気です。
100%その病気とは断言できる状態ではないそうですが
かなりの確立で、発症している可能性があるみたいなの。
2007/02/19(月) 22:29:52 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
にゃんたさん
不妊手術のために捕獲して、病院で麻酔をかけて死んでしまう猫もいるのです。
やはり日頃から猫を観察して、様子がおかしかったら
診察してもらってからの方がいいよね。
この猫も診察していただき、手術を取りやめてよかった。
元気になったらまた手術すればいいもの。
ただし、隔離しないと赤ちゃんもできちゃうし、病気もあるしね。
またしても悩みごとができてしまったわぁ~
2007/02/19(月) 22:34:14 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
杏さん
教えてくださってありがとうございます。早速プリントして保管しました。
発症している可能性が強いそうですが
今は衰弱しているので、暫く様子をみますね~
今週木曜日には退院させます。
2007/02/19(月) 22:36:40 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
本当にまた不幸な猫さんがいたんですね。
FIPだったら、またリリースしても、他の猫さんに感染する
可能性大だから、出来ないだなんて・・。
本当にお外の猫ちゃんは、病気とかいろんな問題をかかえて
いかなければならないなんて、胸が痛みますね。
2007/02/20(火) 12:28:13 | URL | ミュンコ #zVpgn9mk[ 編集]
ミュンコさん
不妊手術の目的で連れて行ったのですが
手術ができる状態ではなかったのよ・・・
毛艶も悪く、どうみても健康体には見えなかったの。
やはり飼い猫だったみたいで、とてもいい子ですe-263
2007/02/21(水) 15:37:58 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
大変な状態の猫ちゃんですね
とろろさん 私もかつてはFIPの抗体価の高い猫ちゃんを数頭飼っていました。お腹に腹水がたまるタイプと胸にくるタイプと ウェットとドライというらしいのですが両方とも経験しました。このこのように痩せてきていると回復はなかなかできないかも。1歳未満で発症した子は予後がとても短く苦しみも強かったです。どんな可能性があるかわかりませんが見守ってあげてくださいね。
2007/02/21(水) 23:01:37 | URL | c.s #rfd0pXqk[ 編集]
老夫婦さんもなついてきた猫ちゃんにごはんをあげている…ということなんですよね。
でもとても全部のケアをしてあげられないのでしょうね。
もともとは捨てた人たちが悪い…
ずっと飼い猫ちゃんだった感じのお顔ですよね…。
2007/02/22(木) 15:03:10 | URL | みか@猫大好き #Pws3fSvE[ 編集]
c.s さん
FIPの疑いが強かったのですが、巨大食道症ではないかという事になりました。
胃が空気でパンパンになって、先生が針で空気を抜いたそうです。
そのために、食事もおもうように取れず
腹水が溜まるほど衰弱していたという事も考えられるそうです。
どちらにしてもあまり長く生きることができない病気です。
ノラちゃんなのでリリースするつもりでいましたが、私がお預かりするなら
エイズ・白血病が背後に潜んでいるかもしれないので
先住猫のためにも検査をします。
梅にいさんから「ノラ猫をよろしく」と頼まれていますので
できる限りのことをしてみます。
またアドバイスしてください。
2007/02/23(金) 21:44:19 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
みか@猫大好きさん
昨日退院してきましたが、とてもいい子なのです。
間違いなく飼い猫ですよ。e-263
今はFIPの可能性も、エイズ・白血病の可能性も
そして巨大食道症の可能性もあって、慎重に様子をみています。
食べたくても嘔吐してしまうらしいので、私が看病してあげたいと考えています。
2007/02/23(金) 21:48:31 | URL | と・ろ・ろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック