≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
タラコとのび太が虹の橋を渡りました
2011年10月02日 (日) | 編集 |
1109303.jpg
タラコちゃんはどんぐり眼がとても可愛い小さな茶トラの女の子。

1109302.jpg
9/28午後から重篤な状態だったタラコちゃん。

1109191.jpg
29・30日は毎日していた皮下補液もできないほどで

1109304.jpg
強制給餌もせず、見守ることしかできませんでした。
尿毒症に冒され、本当に苦しそうだった。

1109301.jpg
9/30 20時ごろ 虹の橋を渡りました。



2009年3月に保護してから2年半一緒に暮らしましたが
こうして撫でさせてくれたのは初めてでした。
いろんな病気をして何度も通院し、大学病院も一緒に行きました。
タラコちゃん、ゆっくりおやすみ。

そして・・・

1110022.jpg
タラコが亡くなった翌朝のこと。
病院から電話があり、突然のび太の死を告げられました。
タラコちゃんが亡くなった翌日10/1でした。

1110024.jpg
9/29にはナッキーとカカオの手術で病院に行ったので
静脈留置点滴をしているのび太くんに面会し
撫でてあげたら嬉しくて、ケージの中でお腹を見せたのが最後となりました。

1110023.jpg
甘えん坊で、すぐにベタベタくっついてくる可愛い猫でした。
集団遺棄され、ほとんどの猫がパルボウィルスで死に
やっと助かった命なのに、保護してから3か月で逝ってしまいました。

1110021.jpg
カカオと一緒に3階の女子寮で暮らした時も
みんなと仲良くできて、とても良い子だったのび太くん。

1108073.jpg
肝機能障害で、黄疸も出ていて全く食べなかったのび太くん。

1110027.jpg
遺棄され我が家に来たときは2.4キロでしたが
太らせようとたくさん食べさせたのに、最後まで痩せっぽちだったね。
(中央がのび太くん)

1110025.jpg
来世はたっぷり食べて、たくさん甘えさせてあげるから
最初から私の猫として我が家においでね。
のび太くんもゆっくりおやすみ。


たくさんの猫を看取ってきましたが
こんなにも若い猫が立て続けに亡くなったのは初めてで
心も体もめちゃくちゃになってしまいました。

平静ではいられず文章も支離滅裂ですが、記録のため更新しました。
まだコメント欄は閉じさせていただきます。
---------------------------------------------------------------

2011/10/02 14:25 | うちの猫 | Trackback (0) | Top▲
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック