≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
片目のナッキーの眼
2012年07月01日 (日) | 編集 |
5月中旬、眼の白濁に気づき、病院で診察を受けた男子寮のナッキー。
眼の白濁(ブドウ膜炎)は猫伝染性腹膜炎(FIP)の2次症状であるとが多く
もしもFIPだったら他の猫への感染もあるので、ケージで隔離していました。

12061701.jpg
6/21FIPの検査結果では、感染の可能性は低いものの
数か月後に再検査とのことでした。
とりあえず疑いが少し晴れたので、ケージから解放。
(ナッキーは投薬の回数が多いため、
5月中旬から我々の住まいに近い女子寮のケージにおりました)

12062202-1.jpg
霞がかかったようなナッキーの眼。

FIP(猫伝染性腹膜炎)でないなら、
ナッキーの眼の白濁の原因は何なのか?
臨床経験豊富な先生にもわからず、マニュアル通りの治療継続中。

12062704-1.jpg
わずか1週間で白濁の範囲が広がっています。
このまま進行したら、唯一の右目が失明する日も遠からずやってくるのではと
毎日不安と闘いながら投薬を続けています。

12062708-1.jpg
右のブリちゃんの眼と比べてみてください。
ナッキーの眼の白濁がかなり広がっているのが確認できます。


どうか一つしかないナッキーの眼から光を奪わないでください。
神様お願いします。




世界中の難民、避難民など、服を必要としている人々へ
服を届けよう!
の活動。8/31まで


e7a666c7.gif12050320.gifjisinbanner.jpg
福島の被災猫たちの為のシェルター運営の為にご協力をお願いします。


7/20~7/31まで営業
被災動物の保護活動支援金のためのチャリティーショップ。
売り上げの一部が支援として寄付されています。
dekirukotowo.jpg
「猫雑貨 福にゃん本舗」も参加しています。


【以下のバナー経由でお買い物していただいて得たポイントは、
保護猫たちの療法食や猫砂などにに使用させていただいております】


  



TNR_20100504205644s.png

910291.gif
「猫雑貨 福にゃん本舗」も猫グッズも500点ほどになりました!
よろしかったらご覧ください。

---------------------------------------------------------------

2012/07/01 14:58 | 保護猫 | | Top▲