≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
ナッキーの診察-1
2012年07月27日 (金) | 編集 |
昨日7/26 ナッキーを眼科専門医の病院に連れて行きました。
眼圧・眼検査・眼底検査などさまざまな検査をしていただきましたが
眼の白濁(ブドウ膜炎)は、何か別の病気の2次症状であるため
専門医であっても白濁を治すことは出来ないとのことでした。

1109282.jpg
2011.8/25 片目ながらキャッツアイのようなきれいな眼でした。

12010491.jpg
2012.1/4 左眼球摘出後、眼瞼縫合してイケニャンになったのに

12072701-1.jpg
2012.7/27のナッキーの眼 こんなになってしまうとは・・・

12072706-1.jpg
診察の結果、白濁していないわずかの部分も見えていないだろうとのこと。
今は過去の記憶や感覚で、見えない部分を補っているのでしょうか、
眼が見えないことをほとんど感じさせないナッキーです。

私の枕に顔をくっつけて眠り、顔を押し付けてきたり
とにかく甘えん坊で、人が大好きなナッキーちゃん。
昨日の検査の時も、あまりにもおとなしくて
お利口さんなので、先生が驚いていらっしゃいました。

この可愛いナッキーから光を奪い取るという
そんな過酷な日がそう遠からずやってくることでしょう。
明るささえも感じなくなってしまってら、
私が彼の眼となり、最期までナッキーを支えていきますね。

12072704.jpg
本日のナッキーちゃんとミケちゃん

12070801-1.jpg
ミケちゃんの眼のことも相談してみましたが
瞬膜が癒着し、出ていることを気にしていないなら
現状で問題ないとのことでした。
外見上は少々グロテスクかもしれませんが、
体への負担を考えると、このままにしておくつもりです。
ミケちゃんは性格が良いので、見た目は構いません。


【ご報告です】
12072702.jpg
ブログ内の保護猫支援バナーをご利用ありがとうございます。
アマゾンのポイントを利用し、ペットシーツを購入し

12073101.jpg
楽天のポイントで猫缶とトイレチップを購入いたしました。
いつもご支援ありがとうございます。


【里親さんを探しています】
12070803.jpg
6/21 神社で1週間ほど子猫が鳴いているとのことで保護。
生後1.5~2か月くらいの長毛の男の子です。
抱かれるのが大好きで、抱っこすると喉を鳴らして喜びます。
エイズ・白血病共に陰性。
フロントライン・検便・ワクチン接種すみ。
詳しくはこちらをご覧ください。


世界中の難民、避難民など、服を必要としている人々へ
服を届けよう!
の活動。8/31まで

e7a666c7.gif12050320.gifjisinbanner.jpg
福島の被災猫たちの為のシェルター運営の為にご協力をお願いします。


7/20~7/31まで営業
被災動物の保護活動支援金のためのチャリティーショップ。
売り上げの一部が支援として寄付されています。
dekirukotowo.jpg
「猫雑貨 福にゃん本舗」も参加しています。


【以下のバナー経由でお買い物していただいて得たポイントは、
保護猫たちの療法食や猫砂などにに使用させていただいております】


  



TNR_20100504205644s.png

910291.gif
「猫雑貨 福にゃん本舗」も猫グッズも500点ほどになりました!
よろしかったらご覧ください。

---------------------------------------------------------------

2012/07/27 15:23 | 保護猫 | | Top▲