≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
希望の自転車でベトナム縦断
2014年11月06日 (木) | 編集 |
9月上旬に初参加した ベトナムの子供に自転車を贈るボランティア。
(その時の記事はこちらから↑)
市より提供された放置自転車をベトナムのダナン市と
クァンナム省の貧しい家庭や、枯葉剤による被害者宅、
また10km以上徒歩で通学している子供たちなどに寄贈する運動で、
「日本ベトナム友好協会」の主催でした。

14102302.jpg
10月中旬、ベトナム・ダナン港に到着した325台の自転車。
私がきれいにした自転車もあるはず。なんだかうれしい。

14110401.jpg
10月26日、ダナン市で行われた自転車引渡し式典。
この会場に来るのにも、近親者のバイクに乗せてもらい
やってきた子供たちに、自転車のプレゼント。
夢や希望を乗せて走り続けて欲しいです。

私と同じで、ボランティアに参加した大学生のkojimaくん。
その時は、お話しする機会もほとんどなかったのですが、
ベトナムに到着した自転車で、ハノイからホーチミンまでの1800kmを
自転車の旅をする計画があると聞いていました。

twitterで旅の様子を伝えてくれるとのことでしたので、
その後のことがとても気になって、重い腰を上げtwitteにも登録しました。
Lineもベトナム人のホアさんに教えてもらったし、
ボランティアに参加したおかげで、たくさんの収穫!!

14110402.png
(ブリタニカ百科事典:本州の長さ約 1500km,最大幅約 300km)


【画像はkojimaくんのtwitterからお借りしました】
14110403.jpg
ハノイ市街の通勤ラッシュ。

14110404.jpg
牛の群れと自転車。
今でこそのどかなベトナムも、35年前までは
戦地だったことを忘れてはいけませんね。

14110407.jpg
バインミーを片手に運転中。

14110408.jpg
たくさんの鳥かごを載せたバイク。
(バイクが見えない^^)

14110412.jpg14110413.jpg
14110410.jpg14110411.jpg
おいしそうなベトナム料理。

14110409.jpg
川崎市の放置自転車(ママチャリ)でベトナム縦断旅行1800km
10/24 ハノイを出発し、今日で14日目。
スタートからすでに800kmを走破し、
ゴールのホーチミンまでの距離は、1,000kmを切ったとか。
衝撃満載の現地からの「つぶやき」は、クリックで見られます。

日本では、ドライフードや猫缶などのペットグッズも充実しています。
ベトナムからの「つぶやき」を日々みていて
ペットという概念があること自体、先進国なんだと。
ただ、ペットショップで犬猫を購入し、飼えなくなったと簡単に飼育放棄し、
命とも思わず、転居時に置いていく。
それが先進国なのかと悩みます。

ポジティブでアクティブ、適応能力豊かで、飾らなくて、
こんなにもたくましい若者ばかりなら
我が国の将来も、悲観するものではないのですが・・・
なんて思いながら、母の気持ちで遠くから見守っております。

この縦断旅行が終わったら、この自転車も
ベトナムの子供に寄贈されるそうです。

【ご報告です】
14110103.jpg
amazonのギフト券を利用して、いちごハウスを購入いたしました。
いつもご支援いただきありがとうございます。

【以下のバナー経由でお買い物していただいて得たポイントは、
保護猫たちの療法食や猫砂などにに使用させていただいております】

  




jisinbanner.jpg

TNR_20100504205644s.png

---------------------------------------------------------------

2014/11/06 00:01 | 今日の出来事 | | Top▲