FC2ブログ
≫たくさんの猫に囲まれ幸せな日々・・・≪
チロリン、虹の橋へ
2018年10月31日 (水) | 編集 |
前回の記事で、チロリンの新しいハウス購入をご報告したばかりなのに
チロリンは昨夜、虹の橋を渡りました。

繰り返しになりますが、2013年近所の駐車場に斜頸の白猫がいて
おばさんが餌を与えていました。
そのおばさんが私に捕獲、搬送、不妊手術を頼んだまま
突然姿を消してしまったのです。

13112403-1.jpg
全身麻酔後に分かったのですが、白猫はすでに不妊手術済みで、
当初はリリースするつもりだったので、イヤーカットだけを
先生にお願いしました。

前頭葉付近に腫瘍があるのか、チロリンはいつも斜頸で
まっすぐ歩くこともできませんし、鼻からの出血もありました。
そして物音に対する反応もなく、耳もほとんど聞こえていませんでした。

15120101-1.jpg
障害があるから捨てられたのか、捨てられて病気になったのか、
そんな体でノラをしていた白猫が不憫で、我が家の猫になりました。

18103102-1.jpg
斜頸で耳の不自由なチロリンは、安心しのんびりと
5年間をケージの中で過ごしました。
あの子にとっては幸せだったと思います。

長い間、チロリンへのご支援ありがとうございました。
感謝申し上げます。

【以下のバナー経由でお買い物していただいて得たポイントは、
保護猫たちの療法食や猫砂などにに使用させていただいております】






TNR_20100504205644s.png

---------------------------------------------------------------

2018/10/31 13:39 | 保護猫 | | Top▲